So-net無料ブログ作成

鎌倉江の島七福神 その六 宝戒寺 毘沙門天 [神社]

妙隆寺
DSC06948.jpg
wiki>北条高時は、元弘3年5月22日(ユリウス暦1333年7月4日)、新田義貞の軍に追い詰められて葛西ヶ谷(かさいがやつ、宝戒寺の裏山)の東勝寺で自害、一族郎党870余名も運命を共にし、鎌倉幕府は滅亡した。宝戒寺蔵の建武2年3月28日(同1335年4月22日)付の足利尊氏寄進状に、同寺は「北条高時の慰霊のため、その屋敷跡に後醍醐天皇が建立した」旨の記述があり、後醍醐天皇が天台宗の高僧・円観慧鎮を開山としてこの寺を造営しようとしていたことは事実と思われる。しかし、実際の造営は、後醍醐天皇による建武の新政が崩壊し、同天皇が没した後に足利尊氏らによって行なわれたと推定されている。
本堂
DSC06949.jpg
本尊は地蔵菩薩

大聖歓喜天堂
DSC06950.jpg
歓喜天ガネーシャが仏教に帰依したもの

徳祟大権現
DSC06951.jpg
北条執権高時を祀る

聖徳太子堂
DSC06952.jpg

DSC06953.jpg

DSC06955.jpg

IMG_3066.HEIC

IMG_3067.HEIC

DSC06956.jpg
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 42

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント