So-net無料ブログ作成

比叡山延暦寺 東塔エリア その弐 根本中堂 [ ┗滋賀 欣求の道]

延暦寺 根本中堂 国宝
_DSC1990.jpg
wiki>根本中堂(国宝) - 最澄が建立した一乗止観院の後身。現在の建物は織田信長焼き討ちの後、寛永19年(1642年)に徳川家光によって再建されたものである。1953年(昭和28年)に国宝に指定された。入母屋造で幅37.6メートル、奥行23.9メートル、屋根高24.2メートルの大建築である。土間の内陣は外陣より床が3メートルも低い、独特の構造になっている。内部には3基の厨子が置かれ、中央の厨子には最澄自作の伝承がある秘仏・薬師如来立像を安置する(開創1,200年記念の1988年に開扉されたことがある)。本尊厨子前の釣灯篭に灯るのが、最澄の時代から続く「不滅の法灯」である。この法灯は信長の焼き討ちで一時途絶えたが、山形県の立石寺に分灯されていたものを移して現在に伝わっている。嘉吉3年(1443年)に南朝復興を目指す後南朝の日野氏などが京都の御所から三種の神器の一部を奪う禁闕の変が起こると、一味は根本中堂に立て篭もり、朝廷から追討令が出たことにより幕軍や山徒により討たれる。

_DSC1991.jpg

_DSC1992.jpg

神仏霊場巡拝の道152個目のご朱印
IMG_9806.jpg
余分が1頁もないとは…

_DSC1993.jpg

_DSC1994.jpg
nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 41

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました