So-net無料ブログ作成

鎌倉「学校唱歌」を訪ねるみち その六 江ノ電 [ └歩きたくなるみち 神奈川県]

江ノ電沿いに極楽寺まで
_DSC0532.jpg

_DSC0533.jpg

_DSC0534.jpg

極楽寺駅
_DSC0537.jpg

_DSC0538.jpg

極楽寺
_DSC0540.jpg

_DSC0541.jpg

_DSC0543.jpg
撮影禁止だったようで中の写真はありませぬ
wiki>江ノ島電鉄極楽寺駅近くに茅葺きの山門があり、桜並木の参道を進んだ先には本堂、大師堂、転法輪殿(宝物館)、茶屋などが建つ。本堂前には忍性が薬作りに使ったとされる石鉢と石臼がある。本堂裏(西)には鎌倉市立稲村ケ崎小学校があるが、同校の校地が往時の極楽寺の中心伽藍のあった場所であるとされている。小学校の西側のグラウンドのさらに西には極楽寺の奥の院(墓地)があり、忍性塔と呼ばれる大型の五輪塔をはじめ、多くの石塔が立つ。江戸期に作成された『極楽寺絵図』によれば最盛期には現在の極楽寺や小学校の建つ谷一帯が極楽寺の境内であった。そして現在江ノ電が走っている極楽寺川沿いの谷にはハンセン病患者など病者・貧者救済の施設があったと思われる
nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 53

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました