So-net無料ブログ作成

宇土古城 その壱 [ ┗九州・沖縄のお城]

近世宇土城から西に1~2kmぐらい
宇土古城跡 竪堀跡
_DSC4818.jpg
wiki>宇土氏によって西岡台と称される独立丘陵に築かれ(このため中世宇土城を指して「西岡台」と通称する)、中央の迫地を挟んで東に主郭となる千畳敷(せんじょうじき)、西に三城(さんのじょう)という連郭式の体をなしている。東の千畳敷の周囲は横堀で囲まれており、北から東にかけての斜面には複数の竪堀が穿たれていた。近年、千畳敷と呼ばれる曲輪跡から多数の掘立柱建築の痕跡と、東側に城門遺構が発掘されており、一部の遺構については復元表示してある。
1998年(平成10年)、千畳敷の北側に掘削作業途中の横堀跡が検出され、当時の土木作業工程・技術を示す貴重な事例となっている。さらに、城門遺構付近の横堀からは100点を超す石塔の部材が出土しており、同城の廃城(城破り)に伴って念入りな儀式が行われたことを窺わせている。 また三城の南西側には、幅約10メートル、全長約300メートルの空堀が存在している。


主郭は立ち入り禁止 (つд⊂)
_DSC4819.jpg

主郭周りにはぐるっと横堀
_DSC4820.jpg

かなり浅くなっちゃって抑止力0だね…
_DSC4821.jpg

_DSC4822.jpg

_DSC4823.jpg

_DSC4825.jpg

_DSC4826.jpg

外堀 当時は深さ1.5m
_DSC4832.jpg

_DSC4834.jpg
nice!(67)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 67

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました