So-net無料ブログ作成

壇ノ浦古戦場 [ ┗古戦場をふらふら]

壇ノ浦古戦場碑
_DSC4167.jpg
wiki>剛の者である教経は、鬼神の如く戦い坂東武者を討ち取りまくるが、知盛が既に勝敗は決したから罪作りなことはするなと伝えた。教経は、ならば敵の大将の義経を道連れにせんと欲し、義経の船を見つけてこれに乗り移った。教経は小長刀を持って組みかからんと挑むが、義経はゆらりと飛び上がると船から船へと飛び移り八艘彼方へ飛び去ってしまった。義経の「八艘飛び」である。義経を取り逃がした教経に大力で知られる安芸太郎が討ち取って手柄にしようと同じく大力の者二人と組みかかった。教経は一人を海に蹴り落とすと、二人を組み抱えたまま海に飛び込んだ。『平家物語』に描かれた平氏随一の猛将として知られ屋島の戦い、壇ノ浦の戦いで義経を苦しめた教経の最後だが、『吾妻鏡』によれば教経はこれ以前の一ノ谷の戦いで討ち死にしているという記述がある。しかし、『醍醐雑事記』には壇ノ浦で没した人物の一人として教経の名が挙げられている。

_DSC4159.jpg

知盛
_DSC4161.jpg
義経と対峙して、いかにもツワモノ顔だったんで、教経かと思ってた。

安徳帝御入水之処碑
_DSC4162.jpg
今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは ‐ 時子 -

_DSC4163.jpg

_DSC4164.jpg

義経像
_DSC4165.jpg

_DSC4160.jpg

_DSC4166.jpg

_DSC4169.jpg
nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 60

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました