So-net無料ブログ作成

下関要塞 [ ┗公園をふらふら]

火の山公園続き
_DSC4102.jpg
wiki>明治時代、四面を海に囲まれた大日本帝国は外敵を防ぐため、全国に砲台を整備する必要に迫られていた。1886年(明治19年)には陸軍省が全国に砲台を建築する事を計画し、関門海峡でも1887年(明治20年)9月より、田の首砲台・田向山砲台を起工し要塞の建設が開始された。この時代の防衛は、敵が海岸付近まで攻めてきた所を船と協力して撃滅する、まさに「陸に砲台、海に船」といったものであった。そのため、陣地は関門海峡の沿岸に集中しており、多くの大砲が設置された。

第4砲台 堡塁砲台
_DSC4098.jpg_DSC4100.jpg

_DSC4099.jpg

_DSC4103.jpg

_DSC4104.jpg

巌流島 過去記事
_DSC4105.jpg

日本海側の蓋井島(ふたおいじま)まで見えます。
_DSC4108.jpg
ここにも下関要塞の一角が(蓋井島砲台

同様に六連島砲台のあった六連島(左)
_DSC4110.jpg
nice!(56)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 56

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました