So-net無料ブログ作成

湯の川温泉と八上姫伝説 [ ┗日本神話]

島根県出雲市 道の駅「湯の川
_DSC2436.jpg
三大美人の湯と書いてありますな

八上姫
_DSC2437.jpg

ヤガミヒメに求婚後、兄の八十神から逃れて根の国に逃げ込んだ大国主ですが、
根の国にてスサノオの娘 スセリビメを正妻とします。
大国主を追って出雲に来たヤガミヒメですが、スセリビメを恐れ子供を残したまま因幡に帰っていきます。
これが出雲で縁結びの神様として祀られる大国主の実態。

因幡に帰るヤガミヒメがこの温泉に寄って、詠んだ歌(とされるもの「古事記には載ってないと思う」)
_DSC2438.jpg
「火の山の ふもとの湯こそ 恋しけれ身をこがしても 妻とならめや」

_DSC2440.jpg

近くにヤガミヒメを祀る神社があるという情報があったのでうろうろと探す。o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

なんども往復した結果、とある温泉旅館の敷地内にこじんまりと
_DSC2444.jpg

_DSC2443.jpg

_DSC2447.jpg

_DSC2448.jpg
nice!(65)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 65

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました