So-net無料ブログ作成

赤猪岩神社 大国主再生神話 [神社]

鳥取県西伯郡南部町
赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ)
_DSC2115.jpg
南部町役場HP

_DSC2116.jpg

_DSC2117.jpg

_DSC2119.jpg_DSC2118.jpg

拝殿
_DSC2120.jpg
主祭神は大国主

大国主遭難の地
_DSC2122.jpg

_DSC2124.jpg

_DSC2127.jpg

_DSC2129.jpg

_DSC2130.jpg
wiki>大穴牟遅神(オオナムヂ、後の大国主)のたくさんの兄神たち(八十神)は、白兎の予言通り八上比売(ヤガミヒメ)と結婚した大穴牟遅神を憎み、殺してしまおうと企んで大穴牟遅神を伯耆の手間山本(手前の山麓)へ連れて行った。そして「珍しい赤い猪を山の上から追い立てるので下で捕まえろ。そうしなければ殺す」と言いつけておいて、山の麓で待たせている大穴牟遅神へ目掛けて、兄神たちは火で真っ赤に焼いた岩を山の上から落とした。転がり落ちてくる真っ赤な岩を猪として受け止めようとしたため大穴牟遅神の身体がたちまちその赤く焼けた岩膚にこびりついて、焼き潰されて絶命してしまう。
_DSC2131.jpg
大国主を死に至らしめたその岩は地中深く埋められていて、これらはその厄災を封印している大岩という話。
_DSC2133.jpg
すこし離れたとこに大国主再生に用いられた清水が湧いているらしい。
_DSC2135.jpg
nice!(65)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 65

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました