So-net無料ブログ作成

多賀大社 [ ┗滋賀 欣求の道]

神仏霊場巡拝の道 133番 多賀大社HP
_DSC0896.jpg_DSC0919.jpg_DSC0918.jpg
wiki>和銅5年(西暦712年)編纂の『古事記』の一部には「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」と当社の記載がある。
『日本書紀』には「構幽宮於淡路之洲」、すなわち「幽宮(かくれみや)を淡路の洲(くに)に構(つく)りて」とあり、淡路島に「幽宮」を構えたとされる。
『古事記』以前の時代には、一帯を支配した豪族・犬上君の祖神を祀ったとの説がある。 犬上君(犬上氏)は、多賀社がある「犬上郡」の名祖であり、第5次遣隋使・第1次遣唐使で知られる犬上御田鍬を輩出している。


太閤橋
_DSC0897.jpg
wiki>天正16年(1588年)には、多賀社への信仰篤かった豊臣秀吉が「3年、それがだめなら2年、せめて30日でも」と母の延命を祈願し、成就したため社殿改修を行い大名に与えるに等しい1万石を寄進した。境内正面の石造りの太鼓橋(大僧正慈性により寛永15年〈1638年〉造営)は「太閤橋」の雅名でも呼ばれる。
大政所は天正20年まで存命。

_DSC0898.jpg

_DSC0899.jpg

_DSC0900.jpg

_DSC0901.jpg

拝殿 神楽殿
_DSC0902.jpg

_DSC0904.jpg

_DSC0905.jpg
祭神はイザナギイザナミ
御朱印
_DSC7364.jpg

能舞殿
_DSC0907.jpg

_DSC0908.jpg

_DSC0909.jpg

_DSC0912.jpg

_DSC0913.jpg

_DSC0914.jpg

_DSC0916.jpg
nice!(63)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 63

コメント 2

hanamura

太鼓橋・・・渡れないみたいですね。太閤橋・・・なるほど!母思い。
鎌倉鶴岡八幡宮の太鼓橋は、子供の頃には渡った記憶がありますよ!
こんな急な斜面、転んで当たり前なのに、それでも柵なのですね。
by hanamura (2014-03-07 14:18) 

Sazaby

>hanamuraさん
 渡れたかどうだったかはちょっと記憶にないんですが、(とりあえず自分は渡ってない)
 当時齢80はだいぶ長命ですね~
by Sazaby (2014-03-07 21:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました