So-net無料ブログ作成

東の松島 西の象潟 [ ┗水辺をふらふら]

日本海沿いに 道の駅「ねむの丘」
芭蕉顔出しパネル
DSC01904.jpg

こちらはまたのちほど
DSC01905.jpg

DSC01906.jpg

DSC01907.jpg

西施像 春秋戦国時代の美女らしいです。いわゆる傾国の美女というやつですな。
DSC01910.jpg
 象潟や 雨に西施が ねぶの花
DSC01912.jpg
象潟の雨に濡れて咲いている合歓(ねむ)の花は西施が(目を閉じて)眠っているかのような趣である。

鳥海山象潟(きさかた)
DSC01914.jpg
wiki>紀元前466年に鳥海山が噴火し、発生した大規模な山体崩壊による流れ山が日本海に流れ込み、浅い海と多くの小さな島々ができあがった。やがて堆積作用の結果、浅海は砂丘によって仕切られて潟湖ができた。そして小さな島々には松が生い茂り、風光明媚な象潟の地形ができあがった。
鳥海山の手前に見える松林が当時の島なのですが、
1804年の象潟地震で海底が隆起し一帯は陸地に。芭蕉がみた風景を見ることはもうできないんです。
DSC01918.jpg

ホントは道の駅に展望台があるんですが、朝早くてまだ開いてなかったんですよ…
nice!(79)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 79

コメント 5

弁慶

 残念でした。
展望台から見ると昔の島々が鳥瞰できるのですけどね。
 

by 弁慶 (2013-04-28 06:50) 

hanamura

傾城の美女・・・のような「象潟」?!・・・でも、今は昔の風景ではないのですね。
by hanamura (2013-04-28 07:13) 

Sazaby

>弁慶さん
 ほんとに残念でした。

>hanamuraさん
 芭蕉が見た風景はどんなだったでしょうね~
by Sazaby (2013-04-28 10:07) 

motosoft

象潟は、芭蕉の時代とは、景観がずいぶん様変わりしていると教わりましたが、
なかなか風光明媚な場所ですね(・∀・)
by motosoft (2013-04-28 10:11) 

Sazaby

>motosoftさん
 今回は眺めおろすことができませんでしたが、
 次回訪れるまで景観を保ってほしいです。
by Sazaby (2013-04-28 19:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました