So-net無料ブログ作成

1977年火山遺構公園 [ ┗ジオパークをふらふら]

1977年火山遺構公園
DSC08228.jpg
wiki>1977年の8月6日から有感群発地震が発生する中、8月7日午前9時12分に山頂カルデラ、小有珠斜面からのプリニー式噴火が始まった。同年8月14日未明まで4回の大きな噴火を含む16回の噴火が断続。噴煙の高さは最高12,000m。火口周辺地域には多量の軽石や火山灰が堆積し、家屋が破壊された。降灰は道内119市町村に降り注ぎ、農作物に多大な被害を発生させた。

倒壊した病院
DSC08229.jpg
現地案内板より> 1977 - 1982年の有珠山山頂の活動では、火口原内の有珠新山(潜在ドーム)の成長にともなって外輪山北部が約200mも北東方向へせりだしました。この変動は北山麓にもおよび、洞爺湖岸では地盤が約25mも湖側へ動いたのです。
 この病院は噴火開始後、数日でひび割れが始まり、2~3か月後には徐々に倒壊していきました
DSC08230.jpg
 噴火当時、この病院には230名の入院患者がいました。開設者である加藤和雄院長(故人)は、前兆地震発生後、いち早く緊急避難を想定し、当時の舘崎盛男壮瞥町長と協議し、対岸の仲洞爺地区の閉校校舎(仲洞爺小学校)を避難場所として決定していました。
 突然の噴火に慌てることなく、入院患者たちは病院スタッフの誘導により、避難場所の旧仲洞爺小学校まで約12kmの道のりを整然と徒歩で避難を開始しました。また、ただちに病院と役場の車両によるピストン輸送が行われ、刻々徒歩で避難先へ向かっている集団を次々と輸送、収容し、短時間で無事避難を完了しました。
DSC08234.jpg

DSC08235.jpg

DSC08236.jpg

DSC08237.jpg

DSC08239.jpg

DSC08240.jpg

DSC08242.jpg

DSC08243.jpg

DSC08241.jpg

DSC08238.jpg

かなり場所が分かりにくいですがこの辺り。 りっぱな駐車場も完備されてます。

大きな地図で見る
nice!(102)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 102

コメント 4

よっすぃ〜と

ひしゃげた建物が火山の破壊力を物語ってますね。
恐怖を感じます。
by よっすぃ〜と (2012-12-02 16:22) 

Sazaby

>よっすぃ~とさん
 徐々に崩壊していく建物… ショックはより大きいかもしれないですね…
by Sazaby (2012-12-02 18:46) 

susumu

Google地図を見るとこの辺りは火山だらけですね。
突然の噴火にもあわてない、住民の皆さんの冷静さが際立ちますね。^^
by susumu (2012-12-02 20:59) 

Sazaby

>susumuさん
 北海道は全体的にびっくりするくらい温泉が多いんですよ。
by Sazaby (2012-12-02 21:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました