So-net無料ブログ作成

大和神社 [ ┗奈良 鎮護の道]

大神神社から北へ5,6km 天理市へ
神仏霊場巡拝の道 20番 大和神社(おおやまとじんじゃ)へ HP
DSC07560.jpg
駐車場が鳥居より内側だとは思わんかった…だいぶ嵌ってしまいました(;・∀・)

ちょっと長めの参道を
DSC07561.jpg
DSC07562.jpg

ここの祭神は倭大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)
wiki>『日本書紀』によれば、元々倭(日本)大国魂神は天照大神とともに大殿に祀られていたが、世の中が乱れ謀反を起こすなどするのは、両神の勢いだと畏れられた。そのため崇神天皇6年(紀元前92年)、倭大国魂神を皇女渟名城入姫を斎主として祀らせたが、淳名城入姫は髪が落ち体は痩せて祭祀を続けることができなくなった。崇神天皇7年(紀元前91年)、倭迹迹日百襲媛命が夢で「市磯長尾市をもって、倭大国魂神を祭る主とせば、必ず天下太平ぎなむ」との神託を受けた。また同年11月にも同じようなことが起こり、大倭直の祖・市磯長尾市(いちしのながおち)を祭主として、神地が定められ鎮座・創建された。
もともと皇居に祀られていた天照大神と倭大国魂神は皇居から追い出された後、各地を巡り巡って伊勢神宮とここ大和神社に祀られるようになったわけです。

摂社 増御子神社
DSC07563.jpg

祖霊社
DSC07565.jpg
HP>戦艦大和第2艦隊戦没者霊を祀ると共に、大国主神・氏子崇敬者が鎮まる

拝殿
DSC07568.jpg
DSC07570.jpg
本殿は三つ並んでいます。
DSC07569.jpgDSC07571.jpg
 中殿 日本大国魂大神(倭大国魂神
 左殿 八千戈大神(大国主
 右殿 御年大神(年神
御朱印
DSC06272.jpg
wiki>平安初期までに、天照大神を祀る伊勢神宮に次ぐ広大な社領を得、朝廷の崇敬を受けて隆盛した。しかし、平安京への遷都や藤原氏の隆盛などにより衰微し、中世には社領を全て失っていた。
現在もだいぶひっそりとした感じをうけます。

戦艦大和関連展示室
DSC07567.jpg
開いてないよ…(;つД`)
戦艦大和の中には倭大国魂神が祀られていたという話です。



nice!(86)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 86

コメント 2

hanamura

海上自衛隊の護衛艦にも神社(神棚?)ありますね!
・・・ということは、ヘリ空母「いせ」には・・・???
by hanamura (2012-10-21 11:01) 

Sazaby

>hanamuraさん
うちには怪しげな新興宗教のお札が…ε-(´∀`; )
(自分は無信仰者ですが)
by Sazaby (2012-10-21 18:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました