So-net無料ブログ作成

日本三文殊 安倍文殊院 [ ┗奈良 鎮護の道]

神仏霊場巡拝の道 34番 安倍文殊院HP
DSC07504.jpg
wiki>大化の改新の時に左大臣として登用された安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)の氏寺として建立されたという。
創建当時の寺地は現在の文殊院の西南300メートルほどのところであり、鎌倉時代に現在地に移された。旧寺地(桜井市安倍木材団地1丁目)は「安倍寺跡」として国の史跡に指定され、史跡公園として整備されている。発掘調査の結果、安倍寺は東(右)に金堂、西(左)に塔が建つ法隆寺式伽藍配置をもっていたことがわかり、出土した古瓦の様式年代からも創建が7世紀にさかのぼる寺院跡であると見られる。「東大寺要録」巻6には、東大寺の末寺の1つである「崇敬寺」が安倍倉梯麻呂の建立であることと、「崇敬寺」の別名が「安倍寺」であったことが記載されている。
当院では陰陽師・安倍晴明が陰陽道の修行をしたともいわれ、2000年(平成12年)には安倍晴明堂が建立されている。


安倍仲麻呂 望郷之詩
DSC07507.jpg
安倍仲麻呂は当山出生と書いてあります。

DSC07512.jpg

本堂
DSC07508.jpg
中の写真はありませんが
木造騎獅文殊菩薩及び脇侍像4躯 重文
DSC07505.jpg
快慶日本三文殊のひとつです。
写真では分かりませんが、想像以上にデカいんです。(○口○*)  7mあるんだって。
御朱印
DSC06260.jpg
大士=菩薩らしい

文殊池に浮かぶ金閣浮御堂(仲麻呂堂)
DSC07514.jpg

不動堂
DSC07516.jpg

白山堂 鎮守社 本殿は重文です。
DSC07520.jpg

閼伽井古墳
DSC07521.jpg
中に閼伽水が湧き出てるらしい

文殊院西古墳 特別史跡
DSC07515.jpg
開基 安倍倉梯麻呂の墓ではないかという話

雨降ってると、うろつく意欲も半減ですな…(´・ェ・`)
DSC07523.jpg
nice!(99)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 99

コメント 4

momiji

7mとは大きいですね(^_^)
by momiji (2012-10-18 13:45) 

Sazaby

>momijiさん
 騎乗した状態ですからかなり大きいですよΣ(‘д‘;)
by Sazaby (2012-10-18 17:58) 

susumu

ここの文殊さまはLED照明でクッキリ~。
文殊さまを拝見するとお茶とお菓子がもれなくいただけますね。^^
by susumu (2012-10-18 20:05) 

Sazaby

>susumuさん
 茶菓子無しで500円ぐらいにしてくれないかな…
by Sazaby (2012-10-18 20:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました