So-net無料ブログ作成

鞍馬寺 尊天 [ ┗京都 楽土の道]

参道 長いわ~(;´ρ`) グッタリ
_DSC6041.jpg  _DSC6042.jpg

近うて遠きもの 宮の前の祭り 思わぬ同胞 親族のなか
         鞍馬のつづらおりという道 十二月のつごもりの日 正月の一日の日のほど

~枕草子より~

_DSC6043.jpg

_DSC6044.jpg

_DSC6045.jpg

_DSC6046.jpg

_DSC6047.jpg

_DSC6048.jpg

仁王門をくぐってから30分登りつづけやっとこ建物が

転法輪堂 本堂はもう少し上だった…
_DSC6049.jpg
中には丈六の阿弥陀様が

閼伽井護法善神社
_DSC6052.jpg

本殿金堂
_DSC6055.jpg wiki>鞍馬弘教立教後の寺の説明によると、鞍馬寺本殿金堂(本堂)の本尊は「尊天」であるとされる。堂内には中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊が安置され、これらの三身を一体として「尊天」と称している。

wiki>「尊天」のひとり、「護法魔王尊」とは、650万年前、金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない永遠の存在であるという。
本殿金堂の毘沙門天・千手観世音・護法魔王尊はいずれも秘仏であるが、秘仏厨子の前に「お前立ち」と称する代わりの像が安置されている。お前立ちの魔王尊像は、背中に羽根をもち、長いひげをたくわえた仙人のような姿で、鼻が高い。光背は木の葉でできている。多宝塔に安置の護法魔王尊像も同じような姿をしている。このことから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったと思われる。また、16歳とされているわりに歳をとった姿をしている。

鞍馬天狗は金星人!?

御朱印
img001.jpg

_DSC6057.jpg

虎の足の線香立
_DSC6060.jpg

阿吽の虎
_DSC6059.jpg_DSC6058.jpg
虎は毘沙門天の使いです。

おまいりした後は少し奥にある博物館へ たくさんの毘沙門天像を。国宝の毘沙門天像もありました。
_DSC6065.jpg
博物館の後はさらに奥へと
nice!(89)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 89

コメント 6

hanamura

虎の造形が、ねじねじ中華菓子みたいです。
あのねじねじ、好きなんですよねぇ。
by hanamura (2012-08-18 06:09) 

minK

趣が好きですねぇ。
行ってみたくなりました。
by minK (2012-08-18 07:34) 

哲

京都はちょくちょく出かけますが、鞍馬寺は行ったことが無いです。
良い雰囲気なところなので、次の機会には是非行ってみたいですね。
by (2012-08-18 11:16) 

Sazaby

>hanamuraさん
 この虎が飛びかかるときこのねじねじが… ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

>minKさん
 お勧めは参道かな…

>哲さん
 そのうち紹介いたします貴船と一緒にどうぞ( ´∀`)つ
by Sazaby (2012-08-18 16:56) 

susumu

本殿金堂までの参道は修行のようですね。^^
by susumu (2012-08-18 18:34) 

Sazaby

>susumuさん
 かなり長いんですが急ではないのでまだなんとか
 この奥がこれまたなかなか…
by Sazaby (2012-08-18 22:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました