So-net無料ブログ作成

鞍馬寺 参道 [ ┗京都 楽土の道]

3/18 朝再び山奥へ
叡山電鉄[電車]鞍馬駅下車
_DSC6003.jpg
鼻が長すぎて根元にひびが…ワイヤーでつられてるし…

_DSC6004.jpg
駅からすぐ、
神仏霊場巡拝の道 103番 鞍馬寺
_DSC6005.jpg
wiki>鑑真の高弟鑑禎(がんてい)が宝亀元年(770年)に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりという。
鑑禎は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8名のうちの最年少であった。宝亀3年(772年)のある夜、鑑禎は霊夢を見、山城国の北方に霊山があると告げられる。霊山を尋ねて出かけた鑑禎は、ある山の上方に宝の鞍を乗せた白馬の姿を見る。その山が鞍馬山であった。山に入った鑑禎は女形の鬼に襲われ殺されそうになるが、あわやという時、枯れ木が倒れてきて鬼はつぶされてしまった。翌朝になると、そこには毘沙門天の像があったので、鑑禎はこれを祀る一寺を建立したという。この鑑禎の話は『鞍馬蓋寺縁起』以外の書物には見えず、どこまで史実を伝えるものかわからない。


仁王門
_DSC6006.jpg
_DSC6008.jpg

仁王門の裏からはケーブルカーもあります。
_DSC6011.jpg
志を100円納めると無料で乗れます(それ無料か??  というか脱税じゃ…)

が、可能ならば参道を歩いてお参りしてください的な

もちろん参道を歩いていきますが 多宝塔がケーブルカーの降り口にあるんだよな…

六地蔵
_DSC6012.jpg

吉鞍社
_DSC6013.jpg
鞍馬寺のHPとかないのでよく分かんない。お稲荷さんのようです。

_DSC6014.jpg
先は長そうだ…

_DSC6015.jpg
nice!(101)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 101

コメント 7

ちくわ

去年の9月頃鞍馬寺から貴船神社へ歩いてみました。
まだまだ暑い中だったせいもあり、ひどくきつかったのを憶えています。

by ちくわ (2012-08-16 06:35) 

Sazaby

>ちくわさん
 今の時期は厳しいですね~
 まだ寒い時期でも汗だくでしたから(;・∀・)
by Sazaby (2012-08-16 08:51) 

susumu

おっ、鞍馬天狗ですね。(^^)
by susumu (2012-08-16 12:14) 

takenoko

一つ一つ違う可愛いお地蔵様ですね。
by takenoko (2012-08-16 16:24) 

Sazaby

>susumuさん
 鞍馬天狗です^^

>takenokoさん
 童子の姿をしておられますね^^
by Sazaby (2012-08-16 17:55) 

よっすぃ〜と

鼻が痛々しい(>_<)
by よっすぃ〜と (2012-08-16 21:27) 

Sazaby

>よっすぃ~とさん
 威厳が薄れてしまいますね(;・∀・)
by Sazaby (2012-08-17 09:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました