So-net無料ブログ作成

宝塔寺 七面宮 [ ┗京都のお寺]

続き
本堂脇の小路を
_DSC5317.jpg

山の上へ登っていきます。
_DSC5318.jpg

中腹に日像像(たぶん)
_DSC5320.jpg
こちらは経一丸
_DSC5321.jpg
誰?と思ったが、どうやら日像のことらしい

日像廟 (推測)
_DSC5322.jpg
そばには日像が荼毘にふされたとされる跡の碑もあります。

さらに山の上に社が
_DSC5329.jpg
社殿
_DSC5330.jpg
七面大明神が祀られています。
wiki>七面大明神(しちめんだいみょうじん)は、七面天女とも呼ばれ日蓮宗系において法華経を守護するとされる女神。七面天女は、当初日蓮宗の総本山である身延山久遠寺の守護神として信仰され、日蓮宗が広まるにつれ、法華経を守護する神として各地の日蓮宗寺院で祀られるようになった。

妙見さんも
_DSC5338.jpg_DSC5331.jpg

再び山を下りて
_DSC5342.jpg
次の目的地へ
_DSC5345.jpg
nice!(96)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 96

コメント 2

susumu

日蓮宗のお寺はあまりなじみがないので経一丸さまといわれてもわかりませんね。^^
紅梅がとっても綺麗です。
by susumu (2012-07-19 20:19) 

Sazaby

>susumuさん
 日蓮宗寺院はあんまり観光したことがないので、
 日蓮は知ってるな~程度なんですよね(;・∀・)

 七面堂も高遠の絵島の菩提寺で見かけたことがあるぐらいで…
by Sazaby (2012-07-19 21:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました