So-net無料ブログ作成

松尾大社 [ ┗京都 楽土の道]

2/27 14:40 大覚寺からバスで[バス]
神仏霊場巡拝の道 87番 松尾大社へ HP
_DSC5044.jpg  _DSC5045.jpg
wiki>平安遷都により、皇城鎮護の神として崇敬されるようになり、「賀茂の厳神、松尾の猛神」と並び称された。
『延喜式神名帳』では「山城国葛野郡 松尾神社二座」として名神大社に列する。また、二十二社上七社の一社ともなった。


_DSC5049.jpg

楼門
_DSC5048.jpg

_DSC5050.jpg_DSC5051.jpg

拝殿
_DSC5053.jpg
_DSC5061.jpg

神亀
_DSC5058.jpg_DSC5060.jpg_DSC5081.jpg
なんで亀なのかは何か書いてあった気がするけど忘れました…

_DSC5057.jpg

本殿 重文
_DSC5066.jpg
wiki>「松尾造」と呼ばれる両流造りの形式で、この形式の社殿は宗像大社・厳島神社と当社のみである。現在のものは応永4年(1397年)の建立で、松尾造の社殿の中では最古である。
本殿の屋根までは見えないのね
_DSC5054.jpg
_DSC5067.jpg
_DSC5070.jpg
_DSC5073.jpg_DSC5072.jpg
_DSC5075.jpg

_DSC5078.jpg

_DSC5079.jpg
wiki>当社の背後の松尾山(223m)に古社地があり、山頂に近い大杉谷に磐座とされる巨石がある。5世紀ごろ、渡来人の秦氏が山城国一帯に居住し、松尾山の神(大山咋神)を氏神とした。大山咋神については、『古事記』に「亦の名は山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し、亦葛野の松尾に坐して、鳴鏑を用つ神ぞ」と記されており、古事記が編纂されたころには有力な神とされていたことがわかる。

主祭神は以下の2柱。
大山咋神
中津島姫命

御朱印
DSC06178.jpg

続きます。
nice!(100)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 100

コメント 2

よっすぃ〜と

なんか、狛犬がすごくカッコイイ
by よっすぃ〜と (2012-07-10 21:49) 

Sazaby

>よっすぃ~とさん
 ポ○モンに出てきそうです。(やったことないんで知らないんですが(笑))
by Sazaby (2012-07-10 21:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました