So-net無料ブログ作成

御室 仁和寺 ~五重塔 [ ┗京都 楽土の道]

2/27 8:40 神仏霊場巡拝の道 92番 仁和寺へ HP
_DSC4811.jpg_DSC4810.jpg
wiki>皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。

二王門 二王像 
_DSC4813.jpg_DSC4812.jpg

中門 重文
_DSC4814.jpg

御殿前 勅使門
_DSC4815.jpg

中門 西方天
_DSC4821.jpg
wiki>二王門と金堂の中間に位置し、五重塔や観音堂といった伽藍中心部に向かう入口ともいえる門。切妻造・本瓦葺・柱間三間の八脚門で、側面の妻部には二重虹梁蟇股が飾られています。また、向かって左側に西方天、右側に東方天を安置します。
西方天という言葉は聞いたことがないけども、容姿は多聞天だよね?(対の一体はちょっと手が写ってなくてわかんない)

御室桜
_DSC4822.jpg
wiki>約200本あり、八重咲き。樹高が低いのは、この地の岩盤が固く、深く根を張れないためという。「花(鼻)が低い」ということから「お多福桜」ともいう。この事から京都では、背が低くて鼻が低い女性のことを「御室の桜のような」と評することがあるという。

五重塔 重文
_DSC4823.jpg
_DSC4848.jpg_DSC4851.jpg
HP>初重西側には、大日如来を示す梵字の額が懸けられます。 塔内部には大日如来、その周りに無量寿如来など四方仏が安置されます。中央に心柱、心柱を囲むように四本の天柱が塔を支え、その柱や壁面には真言八祖や仏をはじめ、菊花文様などが細部にまで描かれています。
_DSC4849(1).jpg_DSC4850.jpg
_DSC4839.jpg
nice!(89)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 89

コメント 2

susumu

仁和寺は今週末の大河ドラマに出てきそうですね。^^
by susumu (2012-07-02 20:48) 

Sazaby

>susumuさん
 塚地の命もあとわずか…
by Sazaby (2012-07-02 21:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました