So-net無料ブログ作成

御香宮神社 [ ┗京都 楽土の道]

2/26 15:20 神仏霊場巡拝の道 82番 御香宮神社HP
_DSC4702.jpg
wiki>通称御香宮、御幸宮。伏見地区の産土神である。
神功皇后を主祭神とし、夫の仲哀天皇、子の応神天皇ほか六神を祀る。神功皇后の神話における伝承から、安産の神として信仰を集める。 また社務所内に小堀政一(遠州)が伏見奉行所内に作ったとされる庭園が移設されている。

神話における伝承っていうのは応神天皇を身ごもったまま朝鮮出兵したとかいう話でしょうかね?
安産につながる話があるかまでは分かりません…

表門 重文
DSC06101.jpg_DSC4705.jpg
伏見城大手門を移築したものらしい。
wiki>元和8年(1622年)徳川頼房の寄進によって建立。 伏見城の廃城に伴って移されたんでしょうかね?

_DSC4709.jpg

拝殿
_DSC4712.jpg
_DSC4714.jpg_DSC4713.jpg
_DSC4716.jpg
wiki>寛永2年(1625年)徳川頼宣の寄進によって建立による割拝殿の構造となっている建物。
中国の登龍門の故事に基づいた極彩色彫刻が唐破風元にある。


御香水
_DSC4719.jpg
HP>当社の名の由来となった清泉で「石井の御香水」として、伏見の七名水の一つで、徳川頼宣、頼房、義直の各公は、 この水を産湯として使われた。絵馬堂には御香水の霊験説話を画題にした『社頭申曳之図』が懸っている。明治以降、涸れていたのを昭和五十七年復元、昭和六十年一月、環境庁(現、環境省)より京の名水の代表として『名水百選』に認定された。

本殿 重文
_DSC4717.jpg_DSC4721.jpg_DSC4722.jpg
wiki>徳川家康の命令で建立 平成2年(1990年)の修理で、極彩色の彫刻が復元された
_DSC4729.jpg_DSC4732.jpg_DSC4736.jpg
御朱印
DSC06173.jpg

摂社
_DSC4725.jpg
_DSC4726.jpg
_DSC4727.jpg

_DSC4734.jpg
nice!(102)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 102

コメント 4

susumu

表門は伏見城大手門の移築なのですか~。
どっしりとした風格のある門ですね。^^
by susumu (2012-06-28 20:19) 

Sazaby

>susumuさん
 伏見城の遺構にしては質素ですが、江戸期に入って作られたものなんでしょうかね?
by Sazaby (2012-06-29 08:10) 

なまけもの

ココのお水は結構有名で汲みに行く人が結構いるんですよねぇ・・・
by なまけもの (2012-06-30 12:48) 

Sazaby

>なまけものさん
 この時も数人汲みに来てましたよ^^
by Sazaby (2012-07-01 10:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました