So-net無料ブログ作成

教王護国寺 小子房 [ ┗京都 楽土の道]

2/11 8:40 小子房
_DSC2619.jpg
wiki>昭和9年(1934年)に再建されたもの。内部は6個の部屋(鷲の間、雛鶏の間、勅使の間、牡丹の間、瓜の間、枇杷の間)からなる。
各部屋の障壁画は堂本印象により描かれた。

勅使門から
_DSC2620.jpg_DSC2622.jpg

前回来たときは特別公開してましたが、今年はないようです。
_DSC2624.jpg
建物はそれほど古いものではないですが、豪華絢爛な障壁画がみれたと思います。

_DSC2623.jpg_DSC2630.jpg_DSC2631.jpg
nice!(109)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 109

コメント 4

楽しく生きよう

一番下の写真は・・・・、ですね。
by 楽しく生きよう (2012-03-25 05:55) 

Sazaby

>楽しく生きようさん
 動物なのは分かるんですが、なんでしょうね?
 獅子かな…?
by Sazaby (2012-03-25 09:17) 

susumu

特別公開っていわれるとちょっと見たくなりますね。^^
入り口オープンでレッドカーペットなのに見れないなんて・・・ (笑)
by susumu (2012-03-25 16:15) 

Sazaby

>susumuさん
 前回入れた時も赤い敷物が敷いてありましたが、
 拝観入り口はそのちょっと手前を左に入っていった所で(笑)
by Sazaby (2012-03-25 16:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました