So-net無料ブログ作成

弘前カトリック教会教会堂 [教会]

7/13 8:30 ちょっと遅めのスタート
弘前カトリック教会教会堂
_DSC0031.jpg
_DSC0033.jpg
なかなか教会にはなじみがないので敷居が高いのですが、外にこんな張り紙が
_DSC0035.jpg
しかも中に入ると
_DSC0036.jpg
それでは遠慮なく  ||入り口|Юヽ(≧▽≦*)おじゃましま~す

祭壇
_DSC0037.jpg
_DSC0040.jpg
_DSC0046.jpg

wiki>1910年(明治43年)に建設された当教会堂は、ロマネスク様式を基調とし、切妻屋根正面に尖塔を配置し、左右隅の柱が特徴的な外観となっている。内部は、木製のクロスリブヴォールトが組まれ、リブヴォールトや柱の濃茶と天井や壁の白漆喰のコントラスト、1984年(昭和59年)に設置されたステンドグラス、また特に祭壇が印象的なものとなっている。祭壇は、1866年(慶応2年)にオランダ=ロールモンドで製作されアムステルダムの教会に設置されていたもので1939年(昭和14年)に当時の主任司祭であったコールス師が譲り受けて当教会堂に設置したもので、ゴシック様式の総ナラ製、高さは8メートルに及ぶものとなっている。

ステンドグラスには聖書の場面でしょうかね。なんとなくは分かるんだけども。
_DSC0041.jpg_DSC0042.jpg_DSC0043.jpg
_DSC0044.jpg_DSC0045.jpg_DSC0048.jpg
_DSC0050.jpg

弘前の街並みかな?
_DSC0049.jpg

こちらは日本基督教団弘前教会教会堂
_DSC0052.jpg
中には入ってないんですが、プロテスタントの教会らしいです。
wiki>1906年に建設されている当教会堂は、左右に配置されたフランスゴシック風の双塔や、外壁に設けられている控え壁と尖塔アーチの窓が印象的な建築物である。高さの強調が特徴であるゴシック風でありながら正面外壁に各階を区切る水平方向を強調するような蛇腹が設けられている意匠的な不整合や、内部天井を高くするために屋根組に取り入れられた変則トラス構造が構造的に不安定であるといった部分はあるものの、築後100年以上経過しても現役の教会堂として利用されており、またモチーフにしたといわれるフランス=パリのノートルダム大聖堂 を十分に彷彿させる外観となっている。
nice!(95)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 95

コメント 6

yakko

お早うございます。
立派な教会ですね〜 
祭壇もステンドグラスも素晴らしい〜 !!
by yakko (2011-10-06 09:48) 

Sazaby

>yakkoさん
 なかなか教会には入らないんでドキドキしちゃいますね~^^;
by Sazaby (2011-10-06 20:02) 

susumu

たまには教会もいいですね。
ステンドグラスも綺麗ですし・・・。
誰もいない教会で椅子に座ってキリストやマリア像と向き合うのも心落ち着きますね~。^^
by susumu (2011-10-06 20:03) 

Sazaby

>susumuさん
 誰かお祈りしているそばでは写真も撮れないですから、誰もいなくてよかったです。
by Sazaby (2011-10-06 22:01) 

よっすぃ〜と

非常に歴史を感じる祭壇に対して、ステンドグラスがなんだかアニメチックですね(^^;
by よっすぃ〜と (2011-10-06 22:43) 

Sazaby

>よっすぃ~とさん
 いろんな場面が描かれていますね。もうすこし詳しければいいんですが
by Sazaby (2011-10-07 05:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました