So-net無料ブログ作成

小楠公と四条畷神社 [ ┗大阪 豊楽の道]

4日目 再び大阪です。
5/1 8:30 JR片町線 四条畷駅下車 駅の北西200mぐらいのところ
小楠公御墓所
DSC07944(1).jpg
楠木正成の子 正行が眠っています。
DSC07946.jpg
正成の亡き後、その意思を継いだ正行も四条畷の戦いで敗北。弟の楠木正時と刺し違えて自害した(´;ω;`)ウッ…
DSC07958.jpgDSC07950.jpgDSC07951.jpg
ものすごい大きな楠です。樹齢600年だって
DSC07954.jpgDSC07953.jpg

墓所の前からまっすぐ参道がのびています。
DSC07959.jpgDSC07960.jpg

参道の鳥居
DSC07961.jpg
↓ちっちゃく鳥居が見えてます。墓所から1kmぐらいあるようです。( >Д<;)
DSC07962.jpg

四条畷神社 神仏霊場巡拝の道61番(大阪20番)
DSC07964.jpgDSC07965.jpgDSC07968.jpg
DSC08414.jpg主祭神は小楠公 楠木正行
その他一族も祀られています。
飯盛山麓の文字が見えますが、裏の山が飯盛山、
そちらにも楠公寺というお寺があるようです。
城跡もあるようですが…

桜井の別れ
DSC07967.jpg
wiki>正成は数え11歳の嫡子・正行を呼び寄せて「お前を故郷の河内へ帰す」と告げた。「最期まで父上と共に」と懇願する正行に対し、正成は「お前を帰すのは、自分が討死にしたあとのことを考えてのことだ。帝のために、お前は身命を惜しみ、忠義の心を失わず、一族朗党一人でも生き残るようにして、いつの日か必ず朝敵を滅せ」と諭し、形見にかつて帝より下賜された菊水の紋が入った短刀を授け、今生の別れを告げた。
DSC07970.jpgDSC07976.jpg
nice!(95)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 95

コメント 5

yakko

お早うございます。
四条畷に7年住んでいました。四条畷神社 飯森山 行きましたよ〜 懐かしいです(^。^)
by yakko (2011-07-19 09:26) 

Silvermac

孫の七五三で四条畷神社に行きました。
by Silvermac (2011-07-19 09:27) 

Sazaby

>yakkoさん&Silvermacさん
 四条畷にお住まいでしたか、ほんとにいろいろな場所に行かれてますねΣ(゚Д゚)
 参道も昔ながらの商店街といった感じでよいですね^^
by Sazaby (2011-07-19 17:50) 

susumu

自分的に建武中興十五社は特別な感じがしますね。歴史ロマン~。^^
長~い参道は遠い昔からあるような雰囲気・・・^^
by susumu (2011-07-19 21:55) 

Sazaby

>susumuさん こんばんは
 これだけまっすぐ長い参道はなかなか見られないですね^^
by Sazaby (2011-07-19 22:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました