So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┗ジオパークをふらふら ブログトップ

阿蘇ジオパーク その弐 中岳ジオサイト [ ┗ジオパークをふらふら]

西巌殿寺 奥之院
_DSC4965.jpg
wiki>開基には二説ある。寺院が採る726年(神亀3年)説は、天竺毘舎衛国から渡来した僧・最栄が聖武天皇の勅願を受け、阿蘇山上に上り阿蘇明神・建磐龍命(たていわたつのみこと)を感得したとするものである。1144年(天養元年)説は、比叡山の慈恵大師良源の弟子・最栄が阿蘇神社大宮司友孝の許しを得て、阿蘇山上に上ったとする説である。。どちらの説にも共通するのは、阿蘇山の火口の西の巌殿に十一面観音菩薩を安置して庵(山上本堂)を開き、絶えず法華経を読誦したため「最栄読師(さいえいとくし)」と呼ばれたとするものである。


続きを読む


nice!(61)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿蘇ジオパーク その壱 [ ┗ジオパークをふらふら]

阿蘇ジオパーク
_DSC4946.jpg
wiki>世界最大級の規模を誇る阿蘇カルデラと、現在も噴煙を上げ、平穏時は火口を見学することができる中岳など、日本を代表する活火山をテーマとしている。2009年に、阿蘇地域の8市町村を阿蘇ジオパークとして日本ジオパークに登録され、その後2014年9月に、世界ジオパークにも登録された

続きを読む


nice!(72)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

1977年火山遺構公園 [ ┗ジオパークをふらふら]

1977年火山遺構公園
DSC08228.jpg
wiki>1977年の8月6日から有感群発地震が発生する中、8月7日午前9時12分に山頂カルデラ、小有珠斜面からのプリニー式噴火が始まった。同年8月14日未明まで4回の大きな噴火を含む16回の噴火が断続。噴煙の高さは最高12,000m。火口周辺地域には多量の軽石や火山灰が堆積し、家屋が破壊された。降灰は道内119市町村に降り注ぎ、農作物に多大な被害を発生させた。

続きを読む


nice!(102)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

一応 洞爺湖も [ ┗ジオパークをふらふら]

洞爺湖
DSC08220.jpg
wiki>とうや」はアイヌ語で湖の岸を意味する言葉「トヤ(ト・ヤ)」に由来する。湖の北岸を指す地名であったが、和人はその北岸を向洞爺と呼び、洞爺を湖 の名にした。

続きを読む


nice!(94)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西山火口散策路 その壱 [ ┗ジオパークをふらふら]

金比羅山のすぐ近く。500mぐらいかな。
DSC08178.jpg
左上の写真がかつての国道230号。

続きを読む


nice!(98)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
 ┗ジオパークをふらふら ブログトップ