So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┗京都 楽土の道 ブログトップ
前の30件 | -

外宮元伊勢 奥宮 眞名井神社 [ ┗京都 楽土の道]

籠神社境内から出て5分ぐらい歩いたところ
_DSC1197.jpg
"外宮大元宮吉佐宮"と書いてあります。吉佐宮ってのは天照大神がいた元伊勢の名前です。

続きを読む


nice!(62)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元伊勢 籠神社 [ ┗京都 楽土の道]

神仏霊場巡拝の道 131番 籠神社(このじんじゃ)へ HP
_DSC1178.jpg
HP>神代と呼ばれる遠くはるかな昔から奥宮真名井原に豊受大神をお祭りして来ましたが、その御縁故によって人皇十代祟神天皇の御代に天照大神が大和国笠縫邑からおうつりになって、之を吉佐宮(よさのみや)と申して一緒にお祭り致しました。
その後天照大神は十一代垂仁天皇の御代に、又豊受大神は二十一代雄略天皇の御代にそれぞれ伊勢におうつりになりました。それに依って當社は元伊勢と云われております。
両大神が伊勢にお遷りの後、天孫彦火明命を主祭神とし、社名を籠宮(このみや)と改め、元伊勢の社として、又丹後国の一之宮として朝野の祟敬を集めて来ました。

元伊勢と言われる神社は多数ありますが、主に豊鍬入姫命倭姫命が天照大御神と共に移っていった神社が知られてます。

続きを読む


nice!(74)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青葉山 松尾寺 その弐 [ ┗京都 楽土の道]

松尾寺本堂
_DSC1134.jpg
本尊は馬頭観世音菩薩坐像 秘仏。 だいぶ前に西国霊場のの結縁開帳があったけども。

御朱印
_DSC7900.jpg

続きを読む


nice!(70)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青葉山 松尾寺 その壱 [ ┗京都 楽土の道]

京都入り
神仏霊場巡拝の道 132番 松尾寺HP
_DSC1120.jpg
西国霊場でもあります。

続きを読む


nice!(66)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

神護寺 金堂 [ ┗京都 楽土の道]

今回の旅の最後の記事です。半年以上寺社記事でちょっとさすがに飽きてきましたね。(´-ω-`)

明王堂
DSC07877.jpg

続きを読む


nice!(98)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

神護寺 和気公霊廟 [ ┗京都 楽土の道]

京都嵐山の北の方 かなりの山の中だったな
DSC07859.jpg
車を駐車場に止めて参道を

続きを読む


nice!(90)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

穴太寺 [ ┗京都 楽土の道]

神仏霊場巡拝の道 130番 穴太寺(あなおじ)
DSC07844.jpg
wiki>穴太寺の聖観音像は「身代わり観音」の伝説で知られ、この伝説が『今昔物語集』に取り上げられていることから、平安時代末期には観音霊場として当寺が知られていたことがわかる。『今昔物語集』所収の説話によると、昔、丹波国桑田郡の郡司をしていた男は、都の仏師に依頼して聖観音像を造り、仏師には褒美として自分の大切にしていた名馬を与えた。しかし、与えた名馬が惜しくなった男は、家来に命じて仏師を弓矢で射て殺してしまった。ところが、後で確認すると仏師は健在で、観音像の胸に矢が刺さっていた。改心した男は仏道を信じるようになったという。同様の説話は『扶桑略記』にもあるが、ここでは男の名が「宇治宮成」、仏師の名が「感世」とされている。
再訪なのでさくさくっと お庭の写真などは過去記事

続きを読む


nice!(95)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京春日 大原野神社 [ ┗京都 楽土の道]

神仏霊場巡拝の道 86番 大原野神社HP
DSC07825.jpg
wiki>延暦3年(784年)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請して、しばしば鷹狩を行っていた大原野に祀ったのに始まる。嘉祥3年(850年)、藤原冬嗣を祖父に持つ文徳天皇が社殿を造営した。

続きを読む


nice!(91)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

善峰寺の桜 [ ┗京都 楽土の道]

再び京都へ
神仏霊場巡拝の道 85番 善峰寺HP
DSC07770.jpg
wiki>長元2年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が創建したという。その後、長元7年(1034年)には後一条天皇から「良峯寺」の寺号を賜った。鎌倉時代初期には慈円が住したことがあり、このころ後鳥羽上皇直筆の寺額を賜ったことによって寺号が善峯寺と改められた。青蓮院から多くの法親王が入山したため「西山門跡」と呼ばれた。応仁の乱に巻き込まれて伽藍が消失したのち、江戸時代になってから桂昌院の寄進によって再興された。

続きを読む


nice!(95)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岩船寺の岩船 [ ┗京都 楽土の道]

4月のお話。今回は車で山の中を中心に。
DSC06273.jpg
詳細な場所は覚えていないけれど、奈良と京都の県境あたりかと

続きを読む


nice!(89)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

貴船神社 奥院 [ ┗京都 楽土の道]

貴船神社 奥宮
_DSC6145.jpg
HP>伝説によると第18代の反正天皇の御代(1600年程前)の御創建といわれています。
浪花の津(大阪湾)に黄色い船に乗った女の神様が現れ、「われは玉依姫なり、この船の留まるところに社殿を建てて、そこの神様を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川をさかのぼって水源の地・奥宮辺りの川のそばから水の湧き出るところに船を留め、そこに御社殿を建てたと伝えられています。
白鳳6年(1300年程前)には社殿を造り替えたとの社伝が残っています。 キフネの地名は、玉依姫の乗ってこられた黄船から起こったともいわれています。


続きを読む


nice!(85)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

貴船神社本宮 [ ┗京都 楽土の道]

3/18 11:30 鞍馬山を下って”きぶね”にある”きふね”神社へ
神仏霊場巡拝の道 104番 貴船神社
_DSC6107.jpg
水の神様なので濁らないで発音するんだとかいう話も

続きを読む


nice!(94)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鞍馬寺 参道の魔王 [ ┗京都 楽土の道]

鞍馬寺 参道 魔王之碑
_DSC6020.jpg 鞍馬寺 本尊 尊天のひとつ”護法魔王尊”の碑です。

続きを読む


nice!(94)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鞍馬寺 参道 [ ┗京都 楽土の道]

3/18 朝再び山奥へ
叡山電鉄[電車]鞍馬駅下車
_DSC6003.jpg
鼻が長すぎて根元にひびが…ワイヤーでつられてるし…

続きを読む


nice!(101)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

赤山禅院 赤山大明神 [ ┗京都 楽土の道]

3/17 14:40 曼殊院から北へ1kmちょっと
修学院を遠目に見ながら
_DSC5877.jpg

続きを読む


nice!(95)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

竹の内御殿 曼殊院門跡 [ ┗京都 楽土の道]

神仏霊場巡拝の道 108番 曼殊院HP
_DSC5849.jpgwiki>本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は是算(ぜさん)である。竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院(皇族・貴族の子弟が代々住持となる別格寺院のこと)であり、青蓮院、三千院(梶井門跡)、妙法院、毘沙門堂門跡と並び、天台五門跡の1つに数えられる。国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集をはじめ、多くの文化財を有する。近畿三十六不動尊第十七番。

続きを読む


nice!(92)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寂光院 その弐 [ ┗京都 楽土の道]

続き 本堂の後は境内を
_DSC5811.jpg
それほど広いというわけではありませんが


続きを読む


nice!(83)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寂光院 その壱 [ ┗京都 楽土の道]

来迎院からバス停に戻ってさらに今度は反対側に同じくらいの距離。
_DSC5791.jpg
歩いて30分ほどで

続きを読む


nice!(91)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三千院門跡 往生極楽院 [ ┗京都 楽土の道]

往生極楽院 重文
_DSC5715.jpg
wiki>往生極楽院(旧称・極楽院)は、平安時代末期の12世紀から大原の地にあった阿弥陀堂であり、1871年に三千院の本坊がこの地に移転してきてから、その境内に取り込まれたものである。

続きを読む


nice!(89)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | -  ┗京都 楽土の道 ブログトップ