So-net無料ブログ作成
 ┗街中をふらふら ブログトップ
前の30件 | -

高尾 [ ┗街中をふらふら]

初沢城から降りてきたところの霊園か何か
DSC07971.jpg
門が閉まってました、通るべきじゃないとこだったようで…

続きを読む


nice!(45)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜山手 その四 [ ┗街中をふらふら]

横浜山手イタリア山公園
_DSC8816.jpg

続きを読む


nice!(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜山手 その壱 [ ┗街中をふらふら]

2015/11/07 山手のソニーショップにレンズの修理を頼んでいたので引き取りついでにその辺をふらついて動作確認
_DSC8790.jpg
この後も再発、本体かもって話
このレンズと本体の組み合わせ以外では出ないんでどっちかさっぱり。

続きを読む


nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

弘明寺公園 [ ┗街中をふらふら]

2015/02/28 上大岡で買い物ついでにちょっと散歩がてら弘明寺まで
_DSC9902.jpg

続きを読む


nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

日本橋の桜 [ ┗街中をふらふら]

東京日本橋から京橋方面へ
_DSC8031.jpg

続きを読む


nice!(62)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

日本橋さくら通り [ ┗街中をふらふら]

2014年の3月末
_DSC8022.jpg
東京駅の八重洲口近く

続きを読む


nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

横浜散歩 [ ┗街中をふらふら]

なんとなくふらふらと
_DSC7503.jpg

続きを読む


nice!(72)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

播磨屋橋公園 [ ┗街中をふらふら]

高知市 播磨屋橋公園
_DSC5962.jpg

続きを読む


nice!(53)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

島津義弘像 [ ┗街中をふらふら]

JR伊集院駅前
島津義弘像
_DSC5543.jpg
wiki>島津隊は東軍の前衛部隊である福島正則隊を突破する。このとき正則は死兵と化した島津軍に逆らう愚を悟って無理な追走を家臣に禁じたが、福島正之は追撃して豊久と激戦を繰り広げた。その後、島津軍は家康の本陣に迫ったところで転進、伊勢街道をひたすら南下した。この撤退劇に対して井伊直政、本多忠勝、松平忠吉らが追撃したが、追撃隊の大将だった直政は重傷を負い忠吉も負傷した(直政はこのとき受けた傷がもとで後年病に倒れ、死去したとされている。また忠吉が負傷したのは開戦当初とする説もある)。しかし、戦場から離脱しようとする島津軍を徳川軍は執拗に追撃し続けた。
 このとき島津軍は捨て奸(すてかまり)と言われる、何人かずつが留まって死ぬまで敵の足止めをし、それが全滅するとまた新しい足止め隊を残すという壮絶な戦法を用いた。その結果、甥・豊久や義弘の家老・長寿院盛淳らが義弘の身代わりとなり多くの将兵も犠牲になったが、後に「小返しの五本鑓」と称される者たちの奮戦もあり、井伊直政や松平忠吉の負傷によって東軍の追撃の速度が緩んだことや、家康から追撃中止の命が出されたこともあって、義弘自身はかろうじて敵中突破に成功した。義弘は摂津住吉に逃れていた妻を救出し、立花宗茂らと合流、共に海路から薩摩に逃れたという。生きて薩摩に戻ったのは、300人のうちわずか80数名だったといわれる。また、その一方で川上忠兄を家康の陣に、伊勢貞成を長束正家の陣に派遣し撤退の挨拶を行わせている。この退却戦は「島津の退き口」と呼ばれ全国に名を轟かせた。

_DSC5540.jpg
nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

知覧武家屋敷通り その壱 [ ┗街中をふらふら]

南九州市 知覧町郡
武家屋敷通り
_DSC5442.jpg
wiki>知覧は「薩摩の小京都」とも呼ばれている。薩摩藩(島津77万石)は領地を外城と呼ばれる113の地区に分け、地頭や領主の屋敷である御仮屋を中心に「麓」と呼ばれる武家集落を作り、鹿児島に武士団を集結させることなく分散して統治にあたらせた。知覧もその外城の一つであり、薩摩藩の中でも重要な役目を果たした第十六代佐多久達の時代に島津姓の使用と私領地化が許され、城塁型の区画が形成された。今日でも、折れ曲がった本馬場通りに沿って連なる石垣と大刈り込みの生垣に当時の面影が残る。

続きを読む


nice!(61)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鳥取市民の食べ物 [ ┗街中をふらふら]

鳥取市内のホテルにチェックイン
_DSC1496.jpg
夕食を求めて近くをふらふらと

続きを読む


nice!(56)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

道の駅かでな [ ┗街中をふらふら]

道の駅へ
野國總管像
DSC05315.jpg
琉球にサツマイモをもたらした人らしい。


続きを読む


nice!(65)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

道後付近をふらふらと [ ┗街中をふらふら]

一旦ホテルにチェックインして日が傾くのを待ってお出かけ
道後温泉
DSC04106.jpg
うだるような暑さ…ι(´Д`υ)

続きを読む


nice!(71)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

別府へ [ ┗街中をふらふら]

宿泊しただけで特に何処にも行かなかったけども。

別府駅前
IMG_5319.jpgIMG_5318.jpg

続きを読む


nice!(64)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

長崎街中をふらふら [ ┗街中をふらふら]

ひととうり目的の地は見終わったのでふらふらと散策
上野彦馬生誕地
DSC03949.jpg

続きを読む


nice!(74)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

唐人屋敷跡 [ ┗街中をふらふら]

出島から500mぐらいかな
唐人屋敷跡
DSC03756.jpg
wiki>1635年、江戸幕府は中国商船の入港を長崎一港に制限する措置を取ったが、キリスト教徒ではない中国人は長崎市内に雑居することを許されていた。しかし、清朝が遷界令を1684年に撤廃すると、翌年以降中国商船が多数来航するようになった。そのために密貿易が増加したため、長崎奉行所では中国人の居住地区も制限することになり、1688年長崎郊外にある十善寺郷に幕府が所有する御薬園の土地で唐人屋敷の建設に着手し、翌年完成した。広さは約9,400坪に及び、2,000人程度の収容能力をもつ。現在の長崎市館内町の地である。周囲は塀と堀で囲まれ、大門の脇には番所が設けられ、出入りを監視した。ただ出島のオランダ人が厳重に監視されたのに比べ、中国人は比較的自由に出入りが許された。

続きを読む


nice!(70)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天童 将棋橋 [ ┗街中をふらふら]

山形県入り 天童へ
DSC01691.jpg
駅前の有料駐車場に車を止めて、チャリンコで目的もなくふらふらと(というか何も調べてない(笑))。

続きを読む


nice!(83)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | -  ┗街中をふらふら ブログトップ